私が長年にわたって生命保険にかかわり続けるきっかけの2つのエピソード その①

お問い合わせはこちら

私が長年にわたって生命保険にかかわり続けるきっかけの2つのエピソード その①

私が長年にわたって生命保険にかかわり続けるきっかけの2つのエピソード その①

2020/07/27

「関わる」と言うことの覚悟と想いの確立

私が、ソニー生命に入社間もないころ、情報取集と新規顧客開拓を兼ねて、経営セミナーに参加しました。20年以上も前の事です。
その時の講師の方と運よく名刺交換が出来、後日テレアポすると面談の約束がとれ会うことになりました。
いろいろなお話が出来、そろそろ私を売り込もうとするのですが、中々いい顔をしてくれません。
逆にこんなことを言われたのです「どうして一流企業をやめて生命保険なんかを売ることにしたの?」
そしてこの一言「月夜の晩だけじゃないよ!!そのうち襲われても知らないよ!!」そうです、この方は大の保険嫌いだったのです。
よっぽど以前合われた保険会社の方の印象が悪かったのでしょうか?騙されたのでしょうか?
そこからは何も言っても駄目です。後日私がどんな思いで自分の人生を変えてまで生命保険の仕事をしているのか、
我が社の生命保険で皆さんへ安心をお届けする想いを、手紙に書いて届けました。・・でも反応はありません。
その時のショックは今でも私の中にずっとあります。

これではけない!でもそのことがあったおかげで

「生命保険を勧める仕事はそんなものじゃない、そう思っている人がまだまだ多いのなら、これからこの仕事に真剣に取り組みこの仕事をみんなに認めてもらおう。」

この仕事に関する覚悟と想い、私と関わって頂いた皆さんに理解していただく活動につながっています。

これからも、勧める側から提案をお客様と一緒に聞く立場になりましたが、顧客と保険従事者両方が成長していけばと思います。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。